トラムセットとロキソニンの飲み合わせ相性

トラムセットとロキソニンは一緒に飲んでも大丈夫

結論から先に行ってしまうと、トラムセットとロキソニンは併用しても問題のない組み合わせです。なぜ一緒に飲んでも問題ないのか、トラムセットとロキソニンがどんな薬なのかと一緒にその理由を説明していこうと思います。

 

トラムセットとロキソニンを併用しても平気な理由は?

どんな薬でも飲み合わせがいい薬と悪い薬があります。トラムセットとロキソニンは飲み合わせがいい薬になっています。その理由はなんでしょうか?そもそも飲み合わせの悪い薬の多くはお互いの効果や作用機序(効果を得るための仕組み)が同じというものです。

 

でも、そうなると「やっぱりトラムセットとロキソニンは飲み合わせが悪いんじゃないの? 同じ鎮痛剤だし」と思われる方も多いと思います。ですが、実はトラムセットとロキソニンは体のどこに作用して痛みを鎮めるかという仕組みがまったく違う薬です。こういった組み合わせは基本的に飲み合わせがいい物がほとんどです。

 

ここからはトラムセットとロキソニンがどんな薬なのかついて説明していきます。

 

ロキソニンはこんな仕組みで効く


ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。

 

怪我などで傷んだ患部では痛み・炎症の原因物質「プロスタグランジン」が生産されます。この物質が増えることで、痛みを増強し「怪我をしているという危険信号」を脳へと伝えます。ロキソニンは患部に作用してプロスタグランジンの生産を抑えることで、痛みの増強を抑制します。

 

ロキソニンは痛みを生じている患部に作用して、痛みの原因物質の放出を抑えることで鎮痛効果を発揮します。

 

トラムセットはこんな仕組みで効く

 

一口にトラムセットといっても実は二種類の薬品(トラマドールとアセトアミノフェン)が配合されています。ですから、それぞれの効果を個別に解説します。

 

トラマドールの効果

トラマドールの効果は上行伝導路の抑制下行抑制路の活性化です。

 

患部で発生した痛みの信号は上行伝導路を通り脳の中枢に到達します。その後脳は、下行抑制路を通して痛みを和らげる命令を出します。

 

上行伝導路の動きが抑制されると途中の道がふさがれてしまう形になってしまい、痛みの信号が脳の中枢に伝わる量も制限され、結果的に痛みは和らぎます。下行抑制路の動きが活発になると、痛みを和らげる命令も活発に行われることになり、効果もアップします。

 

脳に痛みが到達する道をふさぐ
脳が出す痛みを和らげる命令の増強

 

この二つの作用によってトラマドールは痛みを鎮めています。

 

アセトアミノフェンの効果

アセトアミノフェンは脳の中枢に作用します。

 

視床と大脳皮質に干渉することで痛覚閾値の上昇、わかりやすくいうと痛みを感じにくくすることで鎮痛効果を得ています。

 

トラムセットは患部で発生した痛みが脳に到達するまでの道と脳の中枢に作用することによって鎮痛効果を発揮します。

 

 

ロキソニンは痛みの発生している箇所そのものに、トラムセットは痛みが脳に伝達する通路と脳の中枢と、それぞれ違う場所へ干渉して幅広く痛みを鎮める、むしろ相性のいい組み合わせだと言えます。

 

トラムセットとロキソニンはお互いの効果に影響を与えない

既に説明したように、トラムセットとロキソニンは作用機序が違う薬なので飲み合わせについて問題はありません。

 

しかし、世の中には例外的に効果や作用機序がまったく違ってもお互いの効果を増減させてしまう組み合わせがあります。

 

  1. AとBを同時に服用するとAの効果が強まる
  2. AとBを同時に服用するとAの効果が弱まる

 

このように、効き目や作用機序とは関係なく効果に干渉してくるといった場合もあります。しかし、トラムセットとロキソニンの組み合わせではこのようなことはありません。実際に服用した場合でもこのように飲み合わせに悪影響があったという報告はあがっていないようです。

 

トラムセットとロキソニンの併用にはこんなリスクが

トラムセットとロキソニンには飲み合わせ相性に関する併用リスクは少ないですが、注意しておきたいポイントが一つあります。

 

それはトラムセットを飲み始めた直後に関してです。

 

トラムセットは副作用の少ない薬品ではありますが、服用開始2週間はむしろ高確率で吐き気の副作用が出るという特徴を持っています。しかし、飲み続ければ副作用は和らぎますし、トラムセット単独使用であれば副作用はやむを得ないでしょう。

 

ですが、ロキソニンと併せて飲む場合は事情が変わってきます。ロキソニンにも大きな副作用ではないですが、胃の粘膜へのダメージがあります。

 

ロキソニンの副作用で胃粘膜に炎症を起こしているところへトラムセットの吐き気が来たら胃粘膜は更に荒れてしまいますから、下手すると胃炎や胃潰瘍になってしまうこともあるでしょう。

 

これを避けるための手段を考えていきます。

 

解決法

トラムセットの副作用が出てしまっている期間にはロキソニンを控える

既に説明しているように、トラムセットの吐き気は飲みはじめ2週間くらいです。ロキソニンを使わなければ耐えられない痛みならダメですが、2週間くらいと期限は決まっていますので、その期間はロキソニンの服用をやめるか、どうしても耐えきれない時だけに飲むといった形で服用量を減らしてみましょう。

 

トラムセットには元々鎮痛剤アセトアミノフェンが含有されていますので、極度の痛みでなければ対応できるでしょう。

 

またトラムセットでなくトラマドールを服用している場合はアセトアミノフェンは含まれていませんので、鎮痛剤をロキソニンからアセトアミノフェンに切り替えてみるのも一つの手です。

 

トラムセットもロキソニンも副作用の大きさ自体は大きなものではありません、ですが副作用の症状が似ていますから、同時に発生してしまうと重なって大きなものになってしまう可能性もありますので注意しましょう。

 

 

トラムセットとロキソニンは併用しても平気か病院で相談


ここまでトラムセットとロキソニンは一緒に使っても問題ない理由を説明してきました。しかし、医薬品は使い方次第で体に害を与えてしまうこともあります。心のどこかで「もしかして何か起こるかもしれない」という疑念が消せなくても仕方ありません。そういったストレスを溜めていては体に悪影響をもたらすこともあるでしょう。

 

ならばいっそのこと医療機関で飲み合わせについて相談することをおすすめします。遠まわしに聞かずに「トラムセットとロキソニンは一緒に飲んでも平気ですか?」と直接聞いてしまい、不安の種を残さないようにしましょう。

 

トラムセットについての詳細

トラムセットとは、中枢神経に作用して痛みを和らげたり、激しい痛みを抑えるための薬です。主な用途としては、たとえば抜糸後の疼痛や非がん性慢性疼痛などの鎮痛のために処方され利用します。用法や用量では、非がん性慢性疼痛の場合、一回一錠を一日四回経口投与します。投与間隔は4時間以上間を空け、空腹時の投与は避ける方が良いとされます。尚、症状に応じて適宜増減することはありますが、一回二錠、一日八錠を超えた投与はしません。また、抜糸後の疼痛の場合では、一回二錠を経口投与します。こちらも空腹時の投与は避け、追加投与する場合には、投与間隔を4時間以上空けて、一回二錠、一日八錠を超えた投与はしません。

 

服用と使用時の注意では、妊娠や妊娠の可能性がある方について、治療上必要な場合に限って使用します。また、トラムセットを使用する場合は、授乳は避けることが前提となります。以上がトラムセットの概要となりますが、いくつか似た種類の薬が存在し、症状に合わせて医師が判断して使い分けることになります。

 

またトラムセットの副作用の代表的なものとしては、便秘や傾眠、嘔吐、めまい、頭痛、不眠症、呼吸困難、意識消失、皮膚のかゆみ、耳鳴り、胃部不快感、胃腸障害、胃潰瘍、胃炎、アナフィラキシーなどがあります。


http://www.pollyscattergood.net/ http://www.goldsoukindia.com/ http://www.boatwatchservices.com/ http://www.zazoupub.com/